忍者ブログ

白い道

記憶をとどめて

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お店の猫

団地の入り口にはかっては10店舗があって、大賑わいだったという。
今は酒とタバコなどを売っているお店だけになっているが、来年は建物を取り壊すそうだ。
近くの床屋さんの話だとバブルの頃までは、客が多くて毎日夜の11時まで働いていて病気になるほどだったそうだ。
あの頃が異常だったんだ、と話しても今の個人商店の凋落ぶりはひどく、次々になじみの店が閉店していく・・・
さて、このお店には毎日顔を出して食事をもらう「不細工な」猫と、時々顔を見せるアメリカンショートヘアの血が入った猫がいる。


(SONY α700+Sony 50mm F2.8 Macro)
このお店で出してくれる食事は、我が家の食事より上等だけど、どうして毎日ではないのだろう。
どうやら何軒かの家を回ってもらっているようだが、どうしてなのか訊いてみたいものだ。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

コメント

そして野良たちのブログ

プロフィール

過去に戻って残したい記録がいっぱいある・・

ryoi
非公開
神奈川県在住

アクセス解析

バーコード

カウンター

忍者アナライズ