忍者ブログ

白い道

記憶をとどめて

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1年半ぶりに

鶴見川の川岸の側で自動車の修理をしていたおじさんが、野良の面倒を見ていた。 小柄な親猫と子猫が3匹、そのうちおじさんは100メートルほど離れた場所に移ったが猫は何遍連れてきても逃げてしまうという。
そのうちここにもあまり足を運ばなくなり時折通っても猫を見る事はなかった。

(RICOH R8)
ところが犬の散歩の帰り向こうからにゃあにゃあ鳴きながら小走りに駆け寄って来る猫がいるではないか。
足下にじゃれるその猫はあの親猫ですっかり痩せている。
たまたま猫用のエサを持っていたのがよかった。
それから4日間通ってエサをやったが、昨日は姿を見せなかった。
ふるさと村にも猫がいて、エサをやっている人たちがいたが、この頃全く猫の姿をみない。
自動車修理のおじさんに聞いたら、野良猫に餌をやるのを禁止しているのだそうだ。 猫もどこかに移ったらしい。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

コメント

そして野良たちのブログ

プロフィール

過去に戻って残したい記録がいっぱいある・・

ryoi
非公開
神奈川県在住

アクセス解析

バーコード

カウンター

忍者アナライズ